塀のカット {writePDFTag} このレコードを印刷する


図面上の壁の要素の上端または下端をカットします。

▽壁のカットの実行(領域の設定)
1)カットする壁の立面図から壁のカットを実行します。平面図の状態でメニューバー[塀-フェンス]-(RIKCAD7以下は[編集-補助])-[塀のカット]-[塀カット領域指定]をクリックします。

2)カットする塀の立面図を作成します。断面線の設定(① → ②)を行い、続いて奥行の設定(③)をクリックしていき、カットする壁を囲むようにします。
奥行の設定(③)が完了すると、断面線(① → ②)から見た立面図が自動的に表示されます。

▽壁のカットの実行(カットラインの設定)
表示された立面図から壁のカットを実行します。壁の立面図にツールボックスの[下書き線][多角形][円弧/円][スプライン]ツールを使ってカットするラインを入力します。

カットラインするラインは、上下に重ならないようにします。正常に壁のカットができません。

▽壁のカットの実行
壁のカットのラインをもとに壁のカットを行います。ツールボックスの[矢印ツール]でカットする壁とカットラインをすべて選択します。選択後、メニューバー[塀-フェンス]-(RIKCAD7以下は[編集-補助])-[塀のカット]-[塀カット 上側(もしくは下側)]をクリックします。カットラインから選択した方向のカットが実行されます。
ツールバーの[平面図]をクリックすると、平面図に戻ります。平面図に戻ると、塀カットの領域を示す線が消えます。

 

▽カットした壁を元に戻すには
1)塀のカットを行った壁をカットする前に戻します。平面図または立面図でツールボックスの[矢印ツール]でカットした壁を選択します。

2)右クリックし、「選択した壁の設定」をクリックします。壁の設定画面が表示されます。

 

3)設定画面内の[1つまたは複数の屋根で壁がクロップされています]項目の[全てのクロップを元に戻す]をクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
これでカットする前の状態に戻すことができます。

評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る