座標求積表から作成 {writePDFTag} このレコードを印刷する


ホットスポットを使用することで、座標から敷地を作成することができます。


【注意点】
座標入力をする場合、RIKCADでは、座標求積表の値をX,Y逆に入力します
 (座標求積表の「Xn」の値をRIKCADの「Y座標」、「Yn」の値をRIKCADの「X座標」に入力する
 
座標求積表の数値を元に、RIKCADでは単位「㎜」で入力する
 -上記の表の単位は「m」の為、×1000倍で各値を入力する

全てのXn、Ynの座標値に共通の数字がある場合は省略して入力できます
 今回はXnの181とYnの54が共通なので省略します。


まずは、画面左下、座標ボックスのチェックを外しますボタンがグレーの状態にする


 

このチェックは「相対座標と「絶対座標」の切り替えになります。
「相対座標」は常に原点からの座標、「絶対座標」は常にクリックした場所が原点になります。
座標での入力の時は、相対座標にしておきます。

 
まず、ホットスポットツール(①)選択します。

・次に原点×(②)に、クリックはせず、カーソルのみ合わせます 

・レ点になったら1点目(ここでは測点3857)の座標値を入力します。

 Xキーを押し 84240と入力。続けて Yキーを押し-484759と入力後、エンターキー を押して位置を決定します。
今回は距離の単位がmになっている為、Xn、Ynの座標値を1000倍にした値を入れます


・続けて、2点目、3点目…と座標値を入力していきます。

 座標値入力後は原点からかなり離れた場所に表示されますので、
 ウインドウに合わせるをクリックして画面に合わせます。

 5点目を入力後、直線ツール を選択し直線でつなげれば
 座標入力での敷地の完成になります。

 
【敷地が完成した後は】
敷地を原点付近に移動させる(原点から離れすぎている場合、立面図が表示されない為
・絶対座標に戻しておくボタンが青の状態にする



評価点数: 4 (2 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る