R壁の上にRにそって瓦プロバンスを配置したい {writePDFTag} このレコードを印刷する


笠木作成で入力した笠木を[オブジェクト]-[添景]-[笠木-瓦]にある『瓦プロバンス』に入れ替えかえます。

    1. あらかじめ壁の天端を塀カット機能を使用してカットします。ダミーの笠木を配置するために、壁を選択し、[作図-補助]-[笠木作成]を選択します。



    2. 「笠木作成」のサイズを以下のように設定し、笠木を設置します。

        ・奥行き  200 ・幅 400

        ・高さ 80 ・間隔  1

        ・始点側出幅  0 ・終点側出幅  0

        ・目地を作成する チェックを外す(目地は作成しません)

        ・笠木・目地の材質は任意で設定してください。

      ※奥行きと幅は『瓦プロバンス』を単体のサイズに設定しておきます。

    3. 笠木が配置されれば、この笠木を『矢印』ツールで選択し,選択された状態で右クリック-[選択し

      たオブジェクトの設定]をクリックします。



    4. 笠木を選択状態にしたまま、オブジェクトの設定画面より、[添景]-[笠木・瓦]の『瓦プロバンス』を選択します。

    5. パラメータより「タイプ」を単体に設定し、[OK]ボタンを押します。先に配置されたダミーの笠木が瓦プロバンスに入れ替わります。

    6. 瓦プロバンスは壁から少しずれた位置に配置されますので、壁の中央に移動します。


    7. 瓦プロバンスを天端の形状に合わせるために、傾斜調整機能を使用します。

      瓦プロバンスを選択した状態でメニューバーの『ツール』から『グループの一時解除』でクリックします。

    8. [編集-補助]-[傾斜調整]を選択し、[対象要素を取得]ボタンを押します。土台要素は選択せずに[実行]ボタンをクリックします。(カットした壁が自動的に土台要素になります)



評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る