方向移動 {writePDFTag} このレコードを印刷する


選択した要素を指定した数値の場所に、移動または複製することができます。

1)[方向移動]を実行する要素をツールボックスの[矢印]ツールで選択します。

2)メニューバーの中の「方向移動」をクリックする事で、 [方向移動]パレットが表示されます。

【RIKCAD8以上】 「図面-積算」>「方向移動」
【RIKCAD7以下】 「編集-補助」>「方向移動」

   [方向移動]パレット



3)[方向移動]設定画面で移動量を入力後、移動させたい方向ボタンをクリックします。
方向ボタンをクリックする度に入力した移動量だけ移動します。

※「複写モード」にチェックをいれ、方向ボタンをクリックすると指定した移動量の地点に複製を配置します。

☆[移動量]をクリックすると、過去に入力した移動量が履歴として表示されます。使用する数値をダブルクリックするとその値が移動量として使用できます。

※履歴は最大20件まで登録されます、それ以降は古い順から順に削除されていきます。

    [移動量履歴選択]画面

評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る