バンプマッピング効果(ザラザラ感)を加える方法(RIKCAD8/RIKCAD9) {writePDFTag} このレコードを印刷する


バンプマッピングとは

ポリゴンで構成された3D表面に、各面の向きや凹凸感を定める表現方法です。

特に、材質の表面を波打つように見せる場合や、無数のくぼみを作る場合に、リアルな表現ができます。

ただし、要素毎にベクトルの計算が必要になるため、レンダリング時間は通常よりも増加します。

 

通常のレンダリング

バンプマップ効果付き

石貼り/レンガ/縁石/アスファルトに対しバンプマッピング効果

 

バンプマッピング設定

  1. バンプマッピング効果を与えたい材質を選択し、材料選択ダイアログの 編集 ボタンを押します。
  2. 材料の編集ダイアログが開くので、エンジン設定を[ベーシックエンジン](RIKCAD9)/[インターナル](RIKCAD8)にし、[テクスチャ]タブを開きます。

  3. 下図のように、『バンプマッピング』の項目にチェックを入れます。

  4. エンジン設定を[CineRender by MAXON](RIKCAD9)/[CINEMA 4D by MAXON](RIKCAD8)に変更します。

    CineRender / CINEMA 4D 設定ダイアログ下部にある「一致設定」を押し、[CineRender設定を更新(ベーシックから)](RIKCAD9) / [CINEMA 4D設定を更新(インターナルから)](RIKCAD8)を実行します。

  5. [バンプ]-[画像(***)]の項目を選択します。

     

    ・露出→10

    ・白色点→100

    ・アルチャンネルのみ→OFF

    にそれぞれ変更します。

 

※バンプマッピングの効果を上げたい場合は、露出の値を上げて下さい。

ただし、下図のように効果を上げると汚れた表現になるので、使用する際は使用する際は御注意下さい。

露出10

 


露出12

関連ワードから探す: レンダリング・テクニック
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る