空気感のあるパース作成方法(RIKCAD8/RIKCAD9) {writePDFTag} このレコードを印刷する


予めRIKCAD8に設定されている推奨レンダリング「高品質レンダリング」によるパースが下図になります。

白い光の「太陽光」を照射することで、テクスチャカラーを正確に表現することが特徴です。

RIKCAD8 高品質レンダリング

 

[天候プリセット]→【巻雲】を選択し、場所・時間を調整したものが下図になります。

高品質+「巻雲」

 

特徴としては、実際の「環境光」に近い雰囲気での表現で、空気感が表現されます。

ただし、テクスチャに背景の色が混ざった表現になるため、色味の“正確さ”は落ちますので御注意ください。

RIKCAD8新機能「前景・背景シミュレーション」を組み合わせたパースが下図になります。

 

レンダリング設定方法

  1. レンダリング設定ダイアログ(右図)を開き、[詳細設定]のチェックをOFFにします。



  2. [環境]タブを開き、[天候プリセット]より【巻雲】を選択します。



  3. 「位置」「日付&時間」を調整します。

    太陽の高度を上げたい場合は、8月に近づけます。

    太陽の方向は、南東→12時~15時、南西→9時~12時が目安です。

 

※RIKCADの太陽(カメラに付随する太陽)は使用しないため、必ず「レンダリングプレビュー」を更新して仕上がり確認後にレンダリングを実行して下さい。

 

その他推奨の天候プリセット

  1. 天候プリセット【夕焼け】を使用して夕暮れのパースが作成できます。



    高品質+「夕焼け」

  2. 夜レンダリング1




  3. 夜レンダリング2


 

関連項目

関連ワードから探す: レンダリング・テクニック
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る