オブジェクトをモルフ変換し、矩形選択で編集する方法 {writePDFTag} このレコードを印刷する


オブジェクトをモルフ変換した後、「矩形選択」を使用することで、
指定したパーツを伸び縮みさせ、形状を変更することができます。

下記のオブジェクト(カーポート)を例として解説しています。


【パーツを伸び縮みさせる方法】

(例)カーポートの特定のパーツ(片方の梁)を伸ばす

 

・まず、平面図にて編集したいオブジェクトを選択し、右クリック→
 「選択内容をモルフに変換」をクリック→「OK」とし、モルフに変換しておきます

 

・画面左端、ツールボックスの「2D作図」または「3D作図」をクリック→「矩形選択」をクリックします

 

何も選択していない状態で、伸ばしたい箇所の付近でクリックし、矩形選択で囲みます

 

・矩形選択で囲った中のパーツの端点にマウスを合わせ、下記の様に
 カーソルが「レ点」に変わった事を確認し、クリックします

 

・マウスを動かすと、黒い枠も一緒に移動します。このまま伸ばしたい箇所までマウスを
移動させクリック、または、キーボードのtabキーから「距離」を入力後、Enterキーを押し
ます

 

 

・これで、矩形選択で囲った箇所のパーツを伸ばすことができました。
 矩形選択を解除して、完了です。

 


 

【応用編】

(例)矩形選択を使用し、カーポートの形状を台形に変更する方法

上記の矩形選択での編集方法を応用することで、カーポートを台形に変更することもできます。

 

・矩形選択で、カーポートの角を囲み、カーソルが「レ点」に変わった事を確認し、クリックします

 

・そのまま、カーポートの内側へマウスを移動させ、クリックします

 

・カーポートの形状が台形に変更されます。
 ただし、形状を変更したことにより、梁が屋根からハミ出た状態になっています。

 

 ・ハミ出た梁を編集します。梁を両方とも矩形選択で囲み、梁の角にマウスを合わせ、
 レ点の状態で、屋根の内側に移動させ、クリックします

 

・これで、梁が屋根の内側に収まりました。編集完了です。
 

 

関連項目

 

関連ワードから探す: モルフ
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る