画像ツール {writePDFTag} このレコードを印刷する


「画像ツール」は、図面上に画像データを配置する時に使用します。取り込むことのできる画像ファイルは、BMP形式,GIF形式,TIFF形式,JPEG形式の4種類です。

 

▽図面上に画像を配置する(設定)

ツールボックスの「画像ツール」をダブルクリックして、設定画面を開きます。

[画像の設定画面]

 

 

 

【画像の設定画面】
①レイヤ設定
②取り込む画像を開く
③画像ファイル名
④画像サイズ
⑤透過、反転設定
⑥画像の詳細設定
⑦[OK][キャンセル]ボタン

 

▽図面上に画像を配置する

1)画像の設定画面開き、[開く]ボタンで取り込む画像を選択します。(→ 設定画面②)
画像の設定を行い、[OK]ボタンで設定画面を閉じます。

2)取り込んだ画像を図面上の配置する場所でクリックすると、画像が配置されます。

 

▽取り込んだ画像を削除する

作図画面・レイアウト画面に取り込んだ画像を削除するには、ツールボックスの「矢印ツール」に切り替え、図面上から削除する画像を選択し、右クリック → [× 削除]をクリックするか、キーボードの[Delete]キーで削除します。保存している元のデータは削除されません。

 

▽取り込んだ画像を変形させる

画像ツールで取り込んだ要素は、「矢印ツール」を使って移動・サイズ変更することができます。

1)矢印ツールで移動・変形させる要素を選択します。

2)選択された図面要素の上でクリックすると[ペットパレット]が表示されます。
☆ペットパレットはクリックする場所(角や外周線上)によって利用できる機能が異なるため、表示されるボタンが変わります。

     
 △画像の四隅の黒い点で
  長押しした場合
  △画像の外周線上、四隅以外の
 黒い点で長押しした場合

 

 

 ドラッグ:取り込んだ画像を移動させます。

 ストレッチ:取り込んだ図面を伸縮させ、サイズを変更します。

  

 

 

評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る