カラーパースの作成(カメラの配置)
{writePDFTag} このレコードを印刷する


図面にカメラを配置し、アングル、太陽の位置を変更してカラーパースを作成します。

作成したパースは、JPEGファイルとして保存後してレイアウトします。

 

1.ツールボックスから[図面仕上げ]を選択し、[カメラ]ツールをクリックします。

※ カメラの配置をせずにパースの作成は可能です。

 複数のアングルからパースを作成される場合や平面図修正後同じアングルから

 再度パースを作成する場合はカメラの配置をおすすめします。

 

2.平面図にカメラを配置します。①と②の順でクリックします。

  ①自分の立っている位置

  ②見ている方向

 

3.ツールボックスから[矢印]ツールを選択し、「2」で配置したカメラを

   選択します。

 ※配置時にクリックしたポイントをクリックすると選択し易いです。

  選択すると中心線のみ青く表示します。

 

4.ツールバーの[3Dウィンドウ]をクリックして3Dウィンドウを表示します。

  マウス、又はツールバーの「3Dナビゲーション」を使いアングルを設定

 

5.アングルの調整が完了したらツールバーの[3D投影の設定]右横の「▼」

 をクリック。[選択カメラを編集]をクリックしてカメラの位置を保存します。

 

 

※パースが暗い場合は太陽の位置を調整します。

 ①ツールバーの[3D投影の設定]をクリック。

  「パースの設定」を表示します。

 

 ②太陽をドラッグしてカメラの後ろに移動します。

  マウスのカーソルは「枠内」で移動させて下さい。

 

 

6.ツールバーの[レンダリング実行]の右横「▼」をクリック。

 [高品質レンダリング]を選択。レンダリングが開始されます。

 

7.メニューバーのファイルから[名前をつけて保存]を選択。

 レンダリングした画像をJPG画像ファイルで保存します。

 

※カメラは複数配置することができます。

評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る