写真合成で取り込んだ写真が3D画面におさまらない {writePDFTag} このレコードを印刷する


3Dウィンドウサイズと写真のサイズ、及び、レンダリングの画像サイズが合っていない
場合、写真が3D画面におさまらず、見切れたりするケースがあります。

この場合は、以下をご確認下さい。


1.まず、写真合成で使用する画像のサイズを確認します。

画像の保存先で右クリック[プロパティ]をクリックし、詳細のタブを開きます。
大きさが画像サイズになります。(下図であれば3000×2049)




2.RIKCADの3Dウィンドウサイズを調整します。


【RIKCAD9/10
メニューバー「ウィンドウ」>「ウィンドウサイズの設定」を開き、
赤枠内の「比率を維持」アイコンをクリックし、オフ(グレーの状態にします。



【RIKCAD8以下】
メニューバー「ウィンドウ」>「3Dウィンドウ設定」を開き、
ウィンドウサイズ[比率を維持]のチェックを外します。

<RIKCAD8>


【RIKCAD7以下】



3.ウィンドウサイズに1で確認した数値を入力します。


ただし、サイズが1000ピクセルを超える場合、3D画面に収まらなくなってしまう
可能性がある為、元画像サイズの1/2や1/3の数値を入力してください。

例)画像サイズが「3000×2049」の場合、1/3で「1000×683」のように
縦横比率が変わらないように数値を小さくします。
数値を入力後、OKで画面を閉じてください。





4.レンダリング設定を開き、「3Dウィンドウサイズ」ボタンを押下します

【RIKCAD8/9/10】


【RIKCAD7以下】


5.「レンダリングを実行する」ボタンを直接、押下し、レンダリングを実行します

 ▼」からレンダリングを実行するのではなく、下記画像
  アイコンを直接クリックし、レンダリングをスタートさせます

【RIKCAD9/10】      【RIKCAD8以下】
     

関連項目
写真合成

 

評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る