自動更新を行ったが、材料が更新されていない {writePDFTag} このレコードを印刷する


新しい材料情報が反映されるのは、テンプレート材料更新を更新後に新規作成した図面のみになります。

自動更新前に作成された図面に関しては、材料更新の作業が必要です。

 

  1. メニューバー オプション>材質を開き、左上のを長押しをしに切替えます。

  2. 「99.ユーザーオリジナル」より下のフォルダを全て削除します
    【RIKCAD9】
    「B-lifes」フォルダを選択し、画面の一番下までスクロールします。
    キーボードのshiftキーを押しながら、最下段のフォルダを選択することで、
    「99.ユーザーオリジナル」以下のフォルダが全て選択されます。

    上部の「×」アイコンをクリックすることで、自動的に順番にフォルダが削除されます

    【RIKCAD8以下】
    「B-lifes」のフォルダを選択し、を押すことで「B-lifes」フォルダが削除さます。
    そのまま、続けて「×」アイコンを押す事で、次のフォルダが順番に消えていきます
    99.ユーザーオリジナル」から下のフォルダが全て消えた事を確認の上
    [OK]で画面を閉じます。



    【注意】
    各メーカーのフォルダの中に、オリジナル材料を登録している場合、
    全て削除されてしまいますので、ご注意ください


  3. メニューバー ファイル>結合からC:\RIKCAD9(RIKCAD8/RIKCAD7/RIKCADV6/RIKCAD21)\RIKCAD21テンプレートの
    「材料塗りつぶし追加用.pln」を選択し、[開く]をクリックします。

  4. 「バーチャルビルディング」を選択し、[結合]をクリックします。



    ※結合とは、現在のファイルに別ファイルの内容を引用する事になります。
    バーチャルビルディングにチェックをすることで材料塗りつぶし追加用ファイルに
    保存されている材料と塗りつぶし情報が追加されます。(レイヤ情報などは含まれていません。)


  5. 平面図上に矩形で選択された領域が出ますので、領域の外でクリックすると矩形が解除されます。



    【RIKCAD9】


    【RIKCAD8以下】
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る