3D DXFファイルの変換方法(RIKCAD7/RIKCAD8/RIKCAD9) {writePDFTag} このレコードを印刷する


3D DXFを変換するにはRIKコンシェルを起動します。

  1. リックコンシェルよりダウンロードサイトを開きます。



  2. ライブラリシステムダウンロードをクリックします。



  3. キーワード検索タブをクリックし、キーワード入力欄に「コンバータ」と入力検索をします。



  4. 「V2⇒V5コンバータ」が検索結果に表示されますので、ダウンロードボタンをクリックします。



  5. 保存先をデスクトップなど任意に設定後、保存をします。

  6. V2V5Conv.zipファイルが保存されますので、右クリックで展開(解凍)します。



  7. V2V5Convフォルダを開きます。



  8. 展開されたフォルダ内にある、RIKCAD21.exeを実行します。



  9. 新規プロジェクトを作成にチェックし、新規作成ボタンをクリックします。



  10. 作図補助をクリックし、DXF⇒GSM変換を選択します。



  11. ファイルを開く画面が表示されますので、DXFファイルを選択して開きます。



  12. 変換設定画面が起動し、次へ進みます。(ここで変換しないレイヤを左側へ移動しておきます)



  13. マテリアル定義が表示されますので、実行ボタンをクリックします。



  14. 保存場所とファイル名を確認の上保存します。




    ※【RIKCAD9】のみ、以下の15.~19.を実施します
    ※【RIKCAD8/RIKCAD7】は、20.へ進んでください

  15. オブジェクトツールに変換されたデータがありますので、平面図に配置と選択をします。

  16. メニューバー>ファイル>GDLオブジェクト>オブジェクトを開くをクリックします。



  17. 下の様な画面が表示されます。



  18. メニューバー>ファイル>名前をつけて保存をクリックします。



  19. 任意の場所にファイル名を付けて保存をします。

  20. 処理が終了しましたらファイルを閉じます。

  21. 3D DXFファイルを配置したいRIKCADプランファイルを起動します。

  22. メニューバー→ファイルからライブラリマネージャを起動します。



  23. 追加ボタンをクリックし、保存したファイルを追加します。
    ※RIKCAD9は24.へ進みます

    ※RIKCAD8/RIKCAD7は、
    ・「追加」ボタンを押す
    ・ファイル選択画面で、
    先程、手順14.で保存した建物データを選択し、「開く」を押す
    ・ライブラリマネージャー、右下の「OK
    」を押し、26.へ進みます


  24. 埋め込みライブラリを選択し、上部埋め込みライブラリタブを選択します。



  25. 新しいファイルを選択したフォルダへ追加ボタンをクリックし、手順19.で保存したGSMファイルを開きます。



  26. オブジェクトツールの「埋め込みライブラリ」にデータが追加されます。



  27. カスタム設定の材料項目の中より材料の変更が行えます。

※V2V5Convフォルダをドライブに保存し、RIKCAD21.exeファイルのショートカットを作成すれば、ショートカットからディスクなしで今後開くことが可能です。

【RIKCAD9用-動画】

 

関連項目

関連ワードから探す: 建物データ
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る