以前のバージョンで作成したファイルを開くと、色を付けていた壁に色が付いていない(RIKCAD9) {writePDFTag} このレコードを印刷する


ビルディングマテリアルの仕様変更により、平面図の壁に色を付ける設定が変更になりました。

前のバージョンで作成したPLNファイルの平面図の壁に色を付ける手順です。

  1. メニューバー>オプション>ビルディングマテリアルをクリックします。



  2. 左の項目より13番を選択します。



  3. 右の構造と表現よりハッチングを空の塗りつぶしに変更します。



  4. 切断塗りつぶし背景ペンを白に変更します。



  5. 壁の設定画面より、ビルディングマテリアルを13に変更します。

  6. 詳細より切断面の「切断塗りつぶしペン上 背景」に変更し、「切断塗りつぶし背景ペン」を任意の色に変更します。

以上の設定で平面図の壁に任意の色を付けることが出来ます。

※現在配信しているテンプレートは、切断塗りつぶし背景ペンのみ変更で任意の色を付けることが出来ます。

関連ワードから探す: RIKCAD9
評価点数: 1 (1 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る