開口ツール(RIKCAD10) {writePDFTag} このレコードを印刷する


壁やスラブなどに穴を空けることができます。


メニューバーの[オプション]→[環境設定]から「計算単位・規則」を選択します。
「環境設定」の画面が表示されます。

「環境設定」の左上から「レガシー」を選択します。

設定画面から「モデル要素に以前の包絡処理と材質を利用」チェックを外します。

[ツールボックス]から「開口」ツールを選択し、設定ダイアログを開きます。

「開口」ツールの設定ダイアログでは以下の設定が行えます。

   

①基準レベル・・・デフォルト値のままで構いません。
②開口設定・・・矩形または円形の選択やサイズの指定を行います。
③開口位置・・・直角・垂直・水平から選択します。
④開口深さ・・・無限・片側を制限・両側を制限から選択します。

 

開口させたい部分の上でクリックすると選択された形状に開口されます。

※「開口」ツールで穴を空けることができるのは以下のツールに対応しています。
壁 / スラブ / メッシュ  ※オブジェクトやランプには開口できません。

 

開口位置による結果の違い

「垂直」「直角」場合   「水平」の場合
 

 

開口深さによる結果の違い

「無限」の場合   「片側を制限」の場合
 
     
「両側を制限」の場合    
   
関連ワードから探す: RIKCAD10新機能
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る