建物作成機能の拡張(RIKCAD10) {writePDFTag} このレコードを印刷する


RIKCAD10では、従来までの「建物自動作成」と「建物間取作成」を統合しました。



・メニューバーから「建物」>「建物作成」クリックにて、
 「建物作成」の画面が表示されます。



■建物外周寸法から作成(RIKCAD9 までの「建物自動作成」に相当する機能です

・「建物外周寸法から作成」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします



 ・「建物の間取形状」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。




・方角や建物の寸法を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。



・玄関ドアの取付位置を設定し「次へ」ボタンをクリックします。



・玄関ドアの取付位置を設定し「次へ」ボタンをクリックします。



・屋根の形状を設定し「次へ」ボタンをクリックします。



・材料を指定し、「OK」ボタンをクリックすると、建物が配置できる状態になります。



・建物付帯を選択する画面が表示されます。
 任意のものを選んで「OK」ボタンを押すと建物に配置できます。




■建物間取りから作成(RIKCAD9 までの「建物間取作成」に相当する機能です
「建物間取りから作成」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。



「建物間取り作成」の設定画面が表示されます。



建物の間取りを平面図に作図し、「外壁指示」ボタンから外壁のラインを設定します。
その後、「3D 変換」ボタンをクリックします。



材料を指定し「OK」ボタンをクリックすると建物に変換されます。



・「建物外周寸法から作成」と同様に建物付帯を選択する画面が表示されます。
 オブジェクトを選択し「OK」ボタンを押すと配置できます。


■建物付帯を配置する

「建物付帯を配置する」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。



図面記号を選択できる画面が表示されます。
配置したいオブジェクトを選択し「OK」ボタンをクリックすると配置できます。

関連ワードから探す: RIKCAD10新機能
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る