目地割付 PDF ファイルで表示する このレコードを印刷する


[壁・スラブ・メッシュ・屋根・柱]要素の表面材料の位置や方向を変更できます。

 

▽材料の位置を調整する(原点を設定)
選択した要素の材料開始位置を変更します。

▼ 操作手順 ▼

選択した要素の材料開始位置を変更します。

1)3D 画面上で、材料の位置調整を行う要素を選択状態にし、[塀-フェンス]もしくは[編集-補助]の[目地割付]-[原点を設定]をクリックします。

2)選択した要素から材料調整を行う面をクリックします(ポイント①)。続いて材料の開始位置をクリックすると表面の材料が調整されます(ポイント②)。

・材料の位置を調整する(方向の設定)

選択した要素の材料の方向を変更します。

 

 

▼ 操作手順 ▼

 

選択した要素の材料の方向を変更します。

1)平面図上で材料の位置を変更する要素を、ツールボックスの[矢印ツール]で選択し、3Dウィンドウを開きます。
2)3D画面上で、もう一度材料の位置調整を行う要素を選択状態にし、[塀-フェンス]もしくは[編集-補助]の[目地割付]-[方向を設定]をクリックします。
3)選択した要素から材料調整を行う面をクリックします。“3D テクスチャを調整” 設定画面が表示されます。
4)3D画面上で方向を設定する場合は[角度をクリックした表面で図に定義]を選択し、1点目・2点目とクリックし、材料の方向を指定します。
4’)数値で方向を指定するには[角度を数値で定義]を選択し、変更する角度を入力後、[OK]をクリックします。
表面の材料の方向が変更されます。


【方向を設定(角度で定義)】


【方向を設定(画面上で定義)】

・材料の位置を元に戻す(リセット)

[目地割付]機能で、調整した設定をリセットし、設定前の状態に戻します。
1)何も選択していない状態で、3D画面を表示します。[塀-フェンス]もしくは[編集-補助]の[目地割付]-[全てリセット]をクリックすると、目地割付を行ったすべての要素を元の状態に戻します。
特定の要素のみを元に戻すには、ツールボックスの[矢印ツール]で要素を選択してから、3D画面を表示し、[目地割付]-[リセット]を選択します。
評価点数: 0 (0 件の投票)

Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

前の画面に戻る