3D画面がいつもと違う表示になった(RIKCAD9/RIKCAD8) {writePDFTag} このレコードを印刷する


RIKCADを起動後3Dウインドウ画面がいつものリアルな表現でなくなる事があります。
骨組みのようなワイヤーフレーム、要素にハッチング(コンクリートの斜線など目地の表現)が付くベクトルエンジンの表示になった場合、まず以下の設定をご確認下さい。
 
1. メニューバーより、該当の設定画面に入ります。
 
 
【RIKCAD9】「ウィンドウ」→「3Dスタイル」
 
【RIKCAD8】「ウィンドウ」→「3Dウィンドウ設定」
 
 
 
2. 一番上の3Dモデルエンジンが「OPEN GL」、2番目のモードが「シェーディング」になっていることを確認します。
 
【RIKCAD9】
 
【RIKCAD8】


 
3. この設定になっていなかった場合、これらの設定に変更することで3D表示が改善されますが、3Dモデルエンジンが「ベクトルエンジン」しか表示されず、「OpenGL」が選択できないケースがあります。

この場合、グラフィックドライバーの更新をする事で、改善する事があります。
 以下の手順4以降をお試し下さい。
 
【参考】
※グラフィックドライバーとはコンピューターのグラフィックチップ(ビデオアダプターや GPU とも呼ばれることがあります)を制御するシステムソフトウェアです。


 
4. まず、コンピュータに搭載されているグラフィックチップの型番を調べます。

 PC画面の左下、Windowsアイコンを右クリックし、デバイスマネージャを開きます。



 
5. ディスプレイアダプターの中を開き、nvidiaから始まるグラフィックチップの型番を控えます。



 
6. こちらをクリックし、NVIDIAドライバのダウンロードページを開きます。

先程、手順5で確認した、型番に該当する種類を選択し、検索ボタンをクリックします。

 
 
7. ダウンロードボタンをクリックし、ファイルの実行を行います。


8. 使用許諾の同意を行い、インストールオプションは高速にチェックで次へ進みインストールを行います。



9. インストール完了後、PCの再起動を行います。

10. 手順1、手順2に戻り、「OpenGL」、「シェーディング」に設定し、3D画面表示が改善されるかをご確認下さい。
評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る