屋根の描き方(片流れ) {writePDFTag} このレコードを印刷する


下の画像のような片流れの屋根を作成する手順です。

 

平面上の設定は以下になります。

  • 赤いラインが屋根伏図(上から見下ろした形状)になります。
  • グレーで作図されているところは外壁です。
  • 矢印の方向に向かって屋根が上がります。

 

 

  1. ツールボックスの3D作図より屋根ツールの設定画面を開きます。




    基準レベル・・・6000 (軒先の高さを入力します。下も自動的に同じ数字が入ります。)
    屋根勾配・・・8.531°(1寸5分勾配)

    を入力しOKボタンで閉じます。

  2. 情報ボックスを確認します。

    【RIKCAD9】


    【RIKCAD8以下】


    図形作成法・・・単一平面
    組み立て法・・・矩形

  3. 軒先の下側のライン①から②をクリックします。



  4. マウスカーソルが目玉マークになりますので、上がる方向の任意の場所でクリックします。



  5. 左下の角でクリックし、大きく四角を描くように右上の角でクリックします。



  6. 作成された屋根を選択し、左角上の黒点で左クリック長押しし、ペットパレットを表示します。
    パレットの右上ポリゴンから削除を選択します。



  7. 左上角より下図のまで四角で囲むと、その部分がカットされます。



  8. 3Dで確認すると、屋根が作成されています。

  9. 壁が屋根より飛び出ていますので、作成した屋根を選択し右クリックで「単一平面屋根までクロップ」をクリックしますと完成です。

 

 

関連項目

屋根勾配表

 

評価点数:0 (0 件の投票)
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.
前の画面に戻る