スプラインツール PDF ファイルで表示する このレコードを印刷する


「スプラインツール」は、連続した自由曲線を入力する時に使用します。連続して描いた線は始点から終点を1本の線として選択することができます。

 

▽図面上に自由曲線(スプライン)を入力する(設定)
ツールボックスの「スプラインツール」をダブルクリックして、スプラインの設定画面を開きます。

[スプラインの設定画面]

  ①レイヤ設定
②線種・色の設定
③スプラインの作図方法
④矢印の有無、サイズ、色の設定
⑤[OK][キャンセル]ボタン

 

▽設定の変更(情報ボックスの利用)
これからスプラインツールで入力する時や、すでに入力したスプラインを選択した時に、画面上部にその線に関する情報が表示されます。
表示される情報は、スプラインの設定画面で設定した内容と同じですので、こちらからすばやく修正・変更することもできます。

スプラインツールの[情報ボックス]



①スプラインの設定画面を開く
②レイヤ設定
③線のタイプ
④線の色
⑤スプラインの作図方法(図形作成法)
⑥矢印の有無
⑦矢印線の矢じりの設定

 

▽図面上にスプラインを入力する

①スプラインの設定画面開き、スプラインの設定を行い、[OK]ボタンで設定画面を閉じます。
②画面上部の情報ボックスから図形作成法を選択します。図面上にスプラインを描きます。

 

▽図面上のスプライン削除する

図面上のスプラインを削除するには、ツールボックスの「矢印ツール」に切り替え、図面上から削除するスプラインを選択し、右クリック→[×削除]をクリックするか、キーボードの[Delete]キーで削除します。

 

▽スプラインの作図方法(図形作成法の設定)

通常

連続して曲線を描くことができます。
始点①をクリックし、次のポイント②でクリックすると、そこでカーブができます。
終点④でダブルクリックすると、連続曲線が作成されます。

 

ベジェ

始点・終点以外の通過点に、接線ハンドルが設定されます。
この設定ハンドルを操作して、曲線を作成します。
始点①から通過点②終点③と直線の線を描きます。
ツールボックスの矢印ツールでこの線を選択、通過点②(黒い丸)を長押しするとペットパレットが、
表示されます。[接線ハンドルを移動]をクリックすると、通過点②から接線ハンドルが表示されますので、これを移動させて曲線を形成します。

 

自由

フリーハンドの線を描きます。
始点①をクリックし、マウスの左ボタンを押している間、自由に線を描き続けることができます。
終点②の部分で、ボタンを押すのを止めるとそこまでの線が作成されます。

 

評価点数: 0 (0 件の投票)

Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

前の画面に戻る